メンズエステ大好き斎藤が聖地を独自調査致します。日々、私が体験した激シコ体験をシェアします(笑)

プロフィール

メンエス調査隊

Author:メンエス調査隊
40代都内在住/独身/介護職員

数年前に初めてメンズエステに行って今までにない最高の体験をしてしまった為
メンエスの虜になってしまいました。
今では週に2、3回は行ってます。
私の体験したエッチな体験をシェアしていきます。

カテゴリ

- コメント

【芸能人激似SEX】【有村架純激似の美女と求め合い恋人SEX!】潮吹きする美女が私の体を舐めながら本番求めてきますw【出勤確認済み】

エリア:山手線沿線の東側
部屋:ワンルーム
衣装:マイクロビキニ
紙パンツ:横スカTバック


見た目 ★★★★★★★(有村架純激)
マッサージ ★★☆☆☆
爽快感がある★★★★★☆
エロさ★★★★★★(喘ぎ声がかなりヤバいですw)


今回は特に人気があると言われているセラピストさんに行ってきました。

顔は相変わらず可愛くておっぱいも巨乳です。

見た目は有村架純に激似でスタイルも良く三拍子揃った完璧なセラピストです。

全体的にスリムで美しい体にマイクロビキニは破壊力抜群ですw

彼女は健康的なマッサージをしていましたが、基本的には僕は彼女をなでているだけです。

今までの人生でエロいことばかりしてきたつもりなので、この点は見過ごしてくださいw

ただ、彼女は会話も上手なので、一緒に楽しむことができます。

仲良くなるためには、お互いのことをよく知ることが大切だと思うので、会話が弾むことは実はとても大切なことなんです。

ところが、カエルの足になってしまうと、会話が減ってしまい、途端にエロティックな雰囲気になってしまいます。
 
  そんな無言のエロティックな雰囲気の中、彼女の滑らかな指先が僕の紙パンツに侵入してくる。

「ここも触っていいですか...?」
「あれ...w膨らんできてますか?w」
「どんどん硬くなってきてますね....w」

アクシデントが重なり、4TBになる頃には彼女が僕を掴み始めるのだ。

「おじさん...おっぱい好きですか?」
「顔にぎゅーしていいですか...?」
「私のおっぱいもいっぱい感じて欲しいです❤︎」

そして、仰向けになった彼女は、その巨乳を顔に押し付けてくる。

巨乳が好きな人にはたまらないだろう。私も巨乳が好きなので、これには我慢できずにFBKですw

彼女のCKBはすでに勃起しているので、軽くつまみます。すると彼女は嫌がることなく、にこやかに微笑んでくれます。

こんなにかわいい子がいていいのだろうか・・・。

次に、彼女のベビードールを脱がせて生のCKBを口に入れて、こすってみるんです。

彼女は感じ始めて、

「そこはダメだよ...」
「ああん...だめ...気持ちよくなってきた... 」
「CKBは凄い感じちゃうの...」

と言います。

彼女が感じ始めたので、体勢を69に変えお互い攻め合いました。

「アッ..!!そこ凄い気持ちいいです...」
「私もいっぱい気持ち良くなってもらえるように頑張りますね❤︎」
「いっぱい舐めながらもしちゃいますね❤︎」

彼女はトルネード4545を上下にします。

捻りの効いたトルネード4545はヤバいですww

こんなに若いのに、この動き.... やり慣れているな〜w

目の前にはセクシーなお尻があり私も思わず見とれつつもお尻をしっかりと揉みしだきながら顔を埋めていきますw

「いや...いや、そんなの..」
「はぁ...はぁ...おじさん...恥ずかしいよ」
「そこはいっぱい濡れちゃってるから...」

彼女は恥ずかしそうに喘ぐ。でも、気持ちよさそうですw

そして、彼女の下着を下ろし、生クリを露出させ俺は指先でそれを刺激する。

「あぁ...だめ...そこは...気持ちいい...」
「クリは凄い敏感なの...」
「...おじさん...中にも入れてもらっていいですか...」

彼女にそう言われると、ますます激しく攻めたくなり私は彼女の穴にも指を入れました。

彼女の穴に指を入れるたびに、彼女の濡れたアソコの音が聞こえてきて、エロい液体が流れ出てくるのがわかるのです。

「そこヤバい...もぅ出ちゃう....」
「凄い気持ちいい..」.
「アッ...いっぱい出ちゃいました...恥ずかしい...」

彼女が体をくねらせて気持ちよさそうにしているので、僕はどんどん彼女を攻めていきます。

彼女があまりにも興奮しているので、私はどんどん4545FBKを始めました。

「ああ、こんなに大きいんだ...」
「いっぱい硬くなってきたね...」
「私にたっぷり舐めさせて下さい❤︎」

なんてエロい娘なんでしょう。

と思ってしまいます。あまりにも素敵すぎて、思わず見とれてしまいます。

TMNとKNで猛烈に攻めまくりますよ。喘ぎながら何度イッたかわかりませんw

ここで彼女を下にして再びCKBを舐めながらそして、TMNで彼女を上下に攻める。

彼女は腰が震えるほど気持ちよさそうにしていました。

彼女のお尻はますますヌルヌルになり、ジュルジュルとした音が部屋に響いている。

ここに入れたい・・・。

とりあえず、彼女の足を開き、FBKを彼女のクリに擦りつける。

これだけで、彼女はビクビクと反応してしまう。彼女もそれを理解しているようだ。

「入れたいんですか...?」
「Gつけてならいいですよ❤︎」
「おじさんのを中に挿れて欲しいです❤︎」

はいということで、Gをつけて、正常位で彼女を挿入しました。

思いっきり腰を振ったのですが、彼女も腰を押し付けてきました。

「私をもっと気持ちよくして・・・」
「いっぱい私の中に突いて下さい❤︎」
「おじさんのをいっぱい感じたいです!」

彼女は私の腕を引き寄せてから、私の腰に手を回して、自分の体を深く押し込んできました。

どうやら彼女は奥の方が好きなようで、FBKが奥に当たるように動いている。 

「おじさん..凄いよ...」
「こんなに気持ちいいの初めてだよ...」
「私も腰が動くの止まらないよ...」

それで今は彼女が私の上に乗っていて、私は自由に動き回っています。

彼女はFBKの上でとても跳ね回っていたので、とても気持ちよかったですよ。

そして、彼女は僕の手を取って、彼女の大きなおっぱいに行きました。

彼女は私のCKBを揉みながら、私に巨乳を揉ませます。

二人とも感覚がピークに達していました。

最後は正常位に戻って、お互いに激しく動かして終了しました。

こんなにHの時女の子の方からあんなに動かれるのは初めてだったかもしれません。

あれだけ動き回っても気持ちよくなりたいという彼女の性欲の高さが垣間見えた瞬間でした。

今回の内容を見ていても、どこか本◯慣れしている感じさえありますw

ぜひみなさまでも検証していただければと思います。


※ セラピストさんの詳しい情報は期間限定で有料ブログにて公開しています!
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
スポンサーサイト
[PR]