メンズエステ大好き斎藤が聖地を独自調査致します。日々、私が体験した激シコ体験をシェアします(笑)

プロフィール

メンエス調査隊

Author:メンエス調査隊
40代都内在住/独身/介護職員

数年前に初めてメンズエステに行って今までにない最高の体験をしてしまった為
メンエスの虜になってしまいました。
今では週に2、3回は行ってます。
私の体験したエッチな体験をシェアしていきます。

カテゴリ

- コメント

【AV女優とSEX】【B100のモデル体型美女と3回戦SEX】爆乳Hカップで3回戦まで要求してくる性欲モンスターですwセクシー女優の騎乗位最高ですw【出勤確認済み】

エリア:山手線沿線の西側
部屋:ワンルーム
衣装:マイクロビキニ
紙パンツ:横スカTバック


ルックス:★★★★★★(大人の色気がヤバいです!)
マッサージ:★★☆☆☆☆
スッキリ度:★★★★★(3回戦しましたw)
エロ度★★★★★★★(現役セクシー女優)


今回のセラピストさんはすごいですね。とにかくエロいセラピストさんでした!

オカズにした事もある人でしょう!

なんと現役のセクシー女優のあのお方でした!!

見た目からエロさムンムンの顔立ちで、セクシー女優だけあってテクニックは過去最強です。

OPIもHカップありそのボリューミーなお尻はあまりにも素晴らしいです。

綺麗な部屋で対面すれば、その可愛さとスタイルの良さに驚かされますが、

もちろん彼女のスタイルを楽しむために、ベビードールをお願いします。

シャワーから出ると、ベビードールの彼女のOPIのあたりに何か違和感を感じます。

なんだか丸いプッチが浮いているような...。

そう、まさか彼女がノーブラだとは思わなかった。

この店には何度も来ているが、ノーブラなのは彼女だけだ。

だから、彼女のオリジナルなんでしょうね。

一気にFBKされてビンビンになってしまったw

まずはFBKがきつい中、うつ伏せの状態からスタート。

「今日は指名ありがとうございます」
「私の体でいっぱい癒させて頂きますね❤︎」
「おじさんの体に抱きつかせて下さい❤︎」

マッサージはそこまでではありませんが、最初からとてもエロいです。

私の場合は、最初のうちはこのようなことはありませんでしたが、だんだんエロさが増してきます。

うつ伏せになっていても、CKBのあたりに手を当てて揉んでくれました。

それだけではなく、彼女は私のペニスも揉みました。

私は思わず反応してしまいますが、そうすると彼女は嬉しそうです。

「うふふっ・・・気持ちよさそうで良かったです・・・」
「どんどん硬くなってきてますよ?」
「もっと触ってもいいですか?w」

なんか、エロいですよね。

その後、カエルの足から、だんだんモロくなってきて、アクシデントが続出した。

とうとう4TBからは完全に4545になってしまった。

彼女は私を後ろから強く抱きしめ、私のFBKを激しく4545し、それだけではなく私のCKBにも手を伸ばして擦っていました。

またアソコを揉んだり、CKBを揉んだり、体のあちこちをいじっていました。

私はもう我慢できなくて、声が出てしまい、体が赤ちゃんのように震えてしまいました。

「どんどん反応しちゃってますね・・・」
「こっちも硬くなっちゃってますよ・・・」
「ちんち◯気持ちいいですか?w」

興奮がピークに達したところで、ついに彼女は仰向けにチェンジ。

この時から彼女は本気を出し始めた。

彼女は僕の頭の上に座って、OPIのスタンプを押す。

さすがはHカップ。圧迫感が半端ない。

柔らかくて、重くて、気持ちよくて、いつの間にか無心でそのOPIをしごいています。

「あんっ・・・OPI好きなんですか?」
「触り方エロいですよw」
「舐めちゃいますか...?w」

もちろん好きですと答えると、

「それなら・・・」
「好きにしていいよ...」
「いっぱい触って下さい❤︎」

彼女は 「エロすぎる 」とまで言っていたので、OPIはもちろん、彼女の美しいCKBを口で楽しませてくれたことに感謝しました。

「気持ちいいよ...」
「いっぱいいっぱい舐めて欲しい...」
「激しくしていいよ...」

私は彼女の反応に我慢できませんでした。

この反応に我慢できず、彼女を押し倒して、彼女に覆いかぶさるように上からOPIを攻めました。

彼女の美しい顔が赤みを帯びて、"はぁはぁ...気持ちいい... "と言っています。

感じている彼女の美しい顔が赤くなるのを見るのが楽しみです。FBKはどんどんハードになっていきます

すると、彼女はそっと下に手を添えて、私の手を下着の中に導いてくれました。

「私も気持ちよくしてほしいの...」
「中を激しく触って...」
「もう我慢出来ない..」

と言ったのです。

もちろん、私はTMNとKNで彼女を気持ちよくしました。

彼女の顔はどんどん赤くなっていき、アソコから液体が流れ出ていました。

私がTMNで叩き続けると、彼女のアソコはきつくなったり緩くなったりして、何度も何度もイッてしまいました。

彼女は疲れ切っているように見えるほど激しく喘いでいた。

一休みして、一緒にベッドでくつろぐ。

しかし、彼女の手は私のFBKをしっかりと握っています。

彼女はこのFBKを欲しがっているようで、かわいい赤面をしながら私を見つめています。

「これを...入れてもいいですか...?」
「おじさんの欲しいです」
「私の中に挿れて下さい...」

と彼女が聞いてきました。

私は「はい」と答え、Gを入れた途端、

彼女は私にまたがり騎馬戦の体勢になりました。

「んあぁっ・・・気持ちいいっ・・・」
「もっと奥までっ・・・・」
「いっぱい突いて下さい!!」

私はそれに応えて、下から激しく突き上げました。

私も下から激しく突き上げ、CKBを刺激して気持ちよくさせます。

「やばい、またイッちゃう...」
「おじさんの凄い!!」
「ちんち◯が硬くて気持ちいい〜!!!」

その瞬間、彼女のアソコがものすごく締め付けられる。

FBKに対するアソコの締め付けがすごかった。彼女はとても大きくて、私の目の前で揺れていました。

目の前で揺れる巨大なOPIに顔を埋めながら、腰を振るのは本当に興奮しました。

興奮が最高潮に達したところで、彼女のお腹の上でフィニッシュ! 

彼女と一緒になって、最高のフィニッシュを迎えることができました。

彼女はかわいい笑顔で私を見て、

"ハァ...ハァ...気持ちよかった... "

と言ってくれました。

彼女はかわいい笑顔で私を見つめてくれた。

まだ時間があったので、しばらく横になって話をしていたのですが、なんと彼女はまだ満足していなかったのです。

「まだ時間もあるしもう一回・・・・」

とまさかの二回戦をご所望ですw

するとしなしなになった竿をぱっくり咥えてしまいジュポジュポと激しくフ◯ラw。

あっという間に復活させられてしまいましたww

それからまた二回戦を楽しんでまたまた気持ちよくフィニッシュ。

しかし彼女はここでは終わりません。

「あと一回だけ・・・」

3回戦まではさすがに私にも手に負えませんでした笑

どなかた彼女を満足させてあげてください。。。


※ セラピストさんの詳しい情報は期間限定で有料ブログにて公開しています! 
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
スポンサーサイト
[PR]